ミシュランで2つ星を獲得した四川料理店の料理長を務めるのは、1958年に日本で誕生した名高き四川飯店の開店以来積み重ねられている一族の伝統を、誇りをもって引き継ぐ日本人シェフです。日本における「四川料理の父」として名を馳せた陳建民の孫であり、「四川の賢者」の愛称を持ち絶大な人気を誇った中華の鉄人、陳建一の息子である総料理長の陳建太郎は、四川飯店の名物メニューで四川料理の地位向上に貢献するという祖父の信念を引き下げてシンガポールにやってきました。

陳建太郎が率いる四川飯店では、四川の7つの味、すなわち酸(酸味)、麻(しびれ)、辣(辛味)、甜(甘味)、苦(苦味)、香(香り)、鹹(塩味)を重んじています。四川飯店伝統の麻婆豆腐、担々麺、白身魚の唐辛子オイルかけ、鶏肉のサクサク香り炒め~朝天辣椒~は見逃すことができないおいしさです。

ご予約: +65 6831 6262 / +65 6831 6266

ウェブサイト: www.shisenhanten.com.sg