ウビン島は、シンガポール本土から北東の沖合に浮かぶ小さな島です。かつては感潮河川があり5つの別々 の島でしたが、その後、エビ漁が盛んになり、島の工事が実施されました。その後、一つの島に統合され、現在の形になりました。

「ウビン島」とは、マレー語で「花崗岩の島」を 意味します。ここからも分かる通り、花こう岩に 縁の深い場所なのです。かつては採石場が数 多くあり、数千名もの労働者がこの島に暮らし ていました。当時、天然ゴムやコーヒー、パイナ ップル、ココナッツ等を生産するために多くの 農場が建てられ、それにより、多くの植物が絶滅 しました。

観光客は、現在でも島の至る場所で、採石場跡 を見つけるでしょう。農場の建設で大きな被害 を受けた草原や森林は、徐々に回復してきてい ます。また、この島には現在100名ほどの住民 が暮らしています。ウビン島の散策は、まるで過 去にさかのぼったような体験になるはずです。

此クリックしてウェブサイトを表示 。