シンガポールの中心地を流れるシンガポール 川は、全長2マイルほどの小さな川です。キムセ ン橋付近からはじまる遊歩道は、多くの観光客 や現地の住民の散歩コースとなっています。

またキムセン橋は、シンガポールの中心的なエ リアといえます。多くの人たちがこの橋を渡り、 川沿いを歩きながら、キムセンロードへ向かい ます。

シンガポール川は、この都市の経済的な発展に も大きく貢献してきました。この川は、世界中か ら様々な品物を届ける船やボートの停留所とし て、多くの人々に利用されてきたのです。その 後、シンガポール川は貿易の中心的なハブとし て発展し、この都市の経済に不可欠の存在とな ったのです。

また当時は、川沿いに多くの寺院や神社が建て られました。そうした建物の一部は現存しており、 今でもその姿を見ることができます。